クリアンテ 成分

クリアンテに含まれている成分は?柿たんにんは入ってるの?

クリアンテには汗の量自体を抑えること目的とする成分とわきが臭の原因となる細菌そのものに直接働くことを目的として配合されている2大成分と、補助的な作用をもつ5つの天然成分が配合されています。
これら7種類すべてについて説明していきます。

 

まずシメン−5−オール(イソプロピルメチルフェノール)はほぼ無味無臭の低刺激性で人の臨床試験では皮膚アレルギー性は確認されていません。
化粧水や石鹸、デオドラントクリームなど多くの製品に利用されています。嫌な臭いをブロックする効果があり、防腐剤や抗菌剤として使用され強い殺菌効果があります。わきがの原因となる常在菌を殺菌することで高い消臭効果を発揮します。

 

もう一つは汗を抑制する効果があるフェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)でこちらもよく配合されます。
こちらは金属塩であり、汗の中に含まれるタンパク質と反応することで凝固物を作り、汗腺の出口をふさいだり皮膜を作ったりするほか、収れん剤として汗腺を縮める効果があるので汗を抑えます。
止血や鎮痛、防腐目的にも使用される成分です。わきがの臭いの原因となる常在菌がアポクリン汗腺からの汗を分解することで臭いが生ずるので、この汗を抑制することで結果的に臭いを防ぎます。

 

つぎに柿タンニン、シャクヤク、ワレモコウ、ヨクイニン、緑茶エキスの5種類について説明します。
柿タンニンは色々な効果をもつ液体で、渋柿の果汁を発酵させて作られます。古くから防腐剤や防虫剤として広く利用されてきました。
上に述べた収れん効果があるほか、タンパク質と反応して別の物質に変えるという特殊な性質があり、微生物やウィルスに対する殺菌消臭効果があり悪臭を抑制します。
シャクヤクはピンクや白色の美しい花を咲かせる植物でそのエキスはテオニフロリンやテルペンを含みます。皮脂バランスを整えて毛穴を引き締める収れん効果があるので発汗を防ぎ、また抗炎症作用や保湿効果もありわきが臭の発生を抑えます。
ワレモコウはサポニン、タンニンを含み、抗菌、消炎、収れん効果があり、低刺激で皮膚を保護するほか、最近では美白効果にも注目が集まっています。
ヨクイニンは肌を優しくいたわる効果があり、美肌やいぼに効くとして古くから漢方薬に用いられてきました。肌の細菌を抑える効果もあるので、わきがクリームにもよく配合されます。
緑茶エキスは抗酸化作用をもつカテキンが主成分で殺菌、デオドラント効果のほかビタミンCやアミノ酸も豊富に含んでいるため美白作用もあり脇の黒ずみやわきが臭に有効です。